いーさん日記

いーさんの日記 コンピュータ、健康、読書、などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手ページを見る

PageTop

オフィスチェアについて(3)トレジャーチェア

■トレジャーチェア
http://www.with-works.jp/
着目していたけど、買わなかった椅子。
廃車座席をリサイクルしたというチェア。いろいろな車種がラインナップされている。
クルマは同じ姿勢でずっと座っているわけだから、疲れにくいことが期待できるね。(高級車なら、すごく?)
自動車シートとして有名なブランドのレカロ(RECARO)のシートなんかは、リサイクルだというのもあって6万円台で売られていて、わけあり4万円で出ることもある。
欠点は、試座できるところが少ないこと(新宿の東急ハンズで展示試座できた時期があった)、在庫数が限られていること。あと、オフィスでは見た目も気になるかもしれない。(笑)

スポンサーサイト

拍手ページを見る

PageTop

オフィスチェアについて(2)ハーマンミラー アーロンチェア

■ハーマンミラー アーロンチェア [自宅で使用中]

アーロンチェア:Aeron:Chairsランバーサポートフル装備:グラファイトカラーベース【送料無料】
133,875円 (税込) 送料込 楽天ほぼ最安値 アフィリエイト

自宅で、夜PCをやるときに使用中。

2008年に購入。大塚家具で、14万円ぐらいだった。身長172cmの僕は、サイズはA・B・C(小・中・大)があったうち、Bを選んだ。(背の高くない女性には小さいのが良いね。)このころからは、新品ではポスチャーフィットというタイプがメインで売られているとのことだった。(今までのランバーサポートと、腰を支える部分が変わっている。)

パソコンルームに入れた。適当に、背にもたれたり、もたれなかったりして使い始めた。
値段だけの価値あるの?と、半信半疑で(笑)1年ぐらい使ってきたんだけど、ふだん腰が痛むことがほとんどなくなった。世界中で使われているけど、なんだかんだ言ってすごいのかもしれない。

○:ロッキング機構はオン・オフにできる。もたれかかるとギーコギーコきしむ音はするけど、気にならなかった。ほかにもいろいろ調整できる。

○:座面もメッシュなので、夏すずしい。適度な弾力があって快適。尻が痛くならない。

○:前傾姿勢での作業(物書きなど)に向いた数少ないチェア、というのがこの椅子の大きなポイント。座面を前に傾けさせられるチェアは意外と少ないんだよね。前傾といっても、角度は水平より少し前なんだけれど、これが欲しい人にとっては差は大きい。
同じアーロンチェアでも、前傾機能のついていない少し安いバージョン(15周年記念特別モデルなど)もあるようなので、前傾を使う人はご注意かな。ついているものは「フル装備」と呼ばれているみたいだ。

○:背中の下部からお尻までがぴったりフィットする。これもまた、安い椅子では実現しにくいポイントかもしれない。
従来のランバーサポートのアーロンチェアの場合、腰の部分のどこを支えるか、上下移動と強さで調整する。
ポスチャーフィットの場合、場所は尾てい骨あたりから20cmぐらい上までの範囲なんだけど、より背骨に近い範囲を支えるようになっていて、押しつけの強さを調整するようになっている。

△:ヘッドレストがないのが残念。仮眠しにくい。

総合的には、値段高いけど、すばらしい。お気に入り。

拍手ページを見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。