いーさん日記

いーさんの日記 コンピュータ、健康、読書、などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手ページを見る

PageTop

WinowsでApple Keyboard:IME ON/OFF キー割り当て(AppKbWin→AutoHotkey)

WindowsでApple Keyboardを使っていてね。
全角/半角キーがないから、IME(日本語入力)ON/OFFを、commandキー(標準ではWindowsキー)+スペースキーに割り当て。
そのためにAppKbWinという常駐ソフトを使っていた。
でもこのAppKbWinは、Windows Vistaだと権限の問題でスムーズに動かなかったり、Windowsキーが誤反応してスタートメニューが開かれてしまったりしてた。

でもWebで調べていると、AutoHotkeyでもできることがわかった。以下の行をAutoHotkey.ahkに加えたら動作した。

#Space::Send, {vkF3sc029}

ひとまずこれでOKだよ。(さらに、IMEの状態に応じた処理を行わせることもできるみたいだけど。)

やっぱりAutoHotkeyは、キーのカスタマイズをバリバリできて便利だね。
関連記事

テーマ:アプリケーションソフト - ジャンル:コンピュータ | 拍手ページを見る

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。