いーさん日記

いーさんの日記 コンピュータ、健康、読書、などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手ページを見る

PageTop

QNAP TS-219P(まとめ・HDD選び)

昨日の記事の続き。ベンチマークしてみて考えた、NASの読み書き速度アップのコツ。

●個人的検証結果まとめ・ポイント
・HDDにはなるべく速いものを選ぶ。今なら、プラッタサイズが大きめの500GBのものなら、連続読み込みの速度が出るものが多い。)
・LANはなるべく有線ギガビットイーサネット(1000BASE-T)にする。動画など大きいデータを扱う場合、これで快適さのポイントになる。
・(今回完全にはうまくいかなかったけど)ギガビットイーサネットでは、可能ならLANで使うすべての機器でジャンボフレームを有効(サイズ設定は4KBが目安)にすると速度が上がる。無線ルーターを使ってる場合は有線LAN部分だけ統一されていればOK。
・QNAPのNASでは、EXT3ではなくEXT4形式でフォーマットしたほうが速度が出る。

●HDD選び
選んだのはSAMSUNGのHD103SJ。1TBで6970円と最安クラス。
バルク品のものが多い中、PC-DEPOTでは同じ値段でも箱入り5年保証だった。
アクセス音は静かとまではいかないけど、昔のHDDのような低めのコロコロ音に近い。発熱も今見ている限りでは少なそう。
2台購入してRAID1(ミラーリング。1台壊れても大丈夫なように、2台同時に書き込む)に設定。

ベンチマーク結果は、またちょろちょろ!っと載せます。
→載せました(次の記事
関連記事

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ | 拍手ページを見る

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。