いーさん日記

いーさんの日記 コンピュータ、健康、読書、などなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手ページを見る

PageTop

eSATAバスパワー電源供給について

eSATAポートからの給電について、ザクザクっとメモ。参考になったページのリンクも一緒に。

・eSATAの電源供給については、2008年ごろ標準化団体のSATA-IOが発表までしたけど、参照したページによると、標準化は完了していないとの。業界ではある程度統一されて広まった。
・今出回っているものは、eSATAp、Power eSATAなどと呼ばれている。
・これは実は、eSATA+USBのコンボポート。従来のeSATAポートより下側が広がった形で、USBも差し込める。
・ノートPCでは5Vだけ、デスクトップPCでは5Vと12Vが供給されるものが主流。
http://www.serialata.org/
http://www.addonics.com/emerging_technologies/euhp.asp

・パワーeSATAケーブルの見分け方。
-- eSATAコネクタ部分の内側をのぞき込んで、片側に7ピンの端子がついてるだけだと、電源供給非対応のケーブル。
-- コネクタ部分の内側の、7ピンの端子と逆側に、USBの端子と同じ幅の端子がついていれば、5V対応。
-- さらに、コネクタ(外側)の横の出っ張りに金属がついていれば、12Vにも対応。
http://d.hatena.ne.jp/espresso3389/20090908/1252418814

・サンワサプライのSATA-eSATA変換ケーブルを買ってみたところ、5Vだけのタイプだった。
SANWA SUPPLY TK-SESAH SATA-eSATA変換ケーブル(Amazon 1333円 アフィリエイト)
・玄人志向のケーブル・コネクタは5Vと12Vに対応しているとのこと。
http://kuroutoshikou.com/important/090602_power_esata/
関連記事

テーマ:PC周辺機器 - ジャンル:コンピュータ | 拍手ページを見る

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。